省エネに特化したシステムが多数完備されているZEH

光熱費ゼロの家に住むなら

ウーマン

光熱費がかからない家とは

ZEHとはネット・ゼロ・エネルギーハウスのことで、使うエネルギーと作るエネルギーをプラスマイナスゼロにして、光熱費が実質かからないような家です。そのためには断熱性や省エネ性、太陽光発電などによる創エネが必要です。まず、断熱性を上げるためによい断熱材を使う、断熱性の高い窓を使うことが必要です。省エネは、省エネ性に優れたエアコンなどの家電を使うようにします。創エネは太陽光発電、エネファームなどがあります。最近は分譲住宅でもZEHの家が売り出されることが多くなってきました。また、注文住宅でもZEHにしたい旨をハウスメーカーや工務店に伝えれば建てられることが多いです。ただ、高気密高断熱が必要なため、窓の断熱性能が高くてはならず、また太陽光発電を屋根に乗せる必要があります。さらに太陽光発電やエネファームは数百万円かかります。しかし、光熱費を抑えられるメリットは大きいですし、地球温暖化対策にもなりますので、費用があるならばZEHはおすすめです。また、補助金などが給付されるので、地方公共団体のwebページで情報を調べることが重要です。また、ローンの金利も安く設定される場合があります。太陽光発電は乗せる分だけお得になります。なぜならモジュールなどは何kw載せるにしても必要なため、それならばできるだけたくさん乗せればよいということになります。1番よいのは南向きの片流れ屋根ですが、隣家とのトラブルがないよう配慮したほうが良いです。イニシャルコストはかかるものの、ランニングコストは抑えられ、地球にやさしいのがZEHなのです。

古民家再生の理想と現実

中古一戸建てとして鎌倉の古民家を購入して、生活がしやすいようにリノベーションをしたくても、鎌倉では古都保存法があるため増築には制限がかかります。モダンなイメージを残しながら、生活のしやすいリフォームをしてくれる業者を選んで、理想の古民家再生を実現して下さい。

新居探しで話題の家とは

分譲住宅が岡崎で話題なのは、住居の購入や入居がすぐ行えるため、生活を始めるまでの時間がかからないからです。また土地、建物を一度に購入することから、煩雑さがなく資金計画もより容易になります。そして、一か所に複数を同時建設することにより低価格で買えること、近隣との関係の構築のしやすさなどもメリットです。

子育てのしやすい都市

藤沢市は都心への通勤が便利で都心に通勤する子育て世代に人気の都市です。中心駅近くは生活に便利な土地でマンションが主流になっています。郊外では地価が安くなり、今後も子育て世代を中心に人口が増加している地域です。